確実な地位と収入が魅力

男性

三大国家資格の公認会計士の合格者は年々増えています。ライバルが多いと就職が難しくなってしまいますが、取れる実力があるのならば取得して損はありません。なぜなら、将来的な独立を考えると収入の高さや安定感が大きな魅力となるからです。

詳しく見る

試験結果に素早く対応

電卓

公認会計士試験の直後には、各種資格スクールから解答速報や予想合格ラインなどの情報が発表されます。これらの情報は監査法人への就職活動に素早く対応したり、勉強方法を改めたりするために役立てることができます。

詳しく見る

仕事をするためのメンタル

会議

仕事をするために大事なのはスキルだけでなく、メンタルも要されます。そのメンタルを守っていくための資格があります。それがメンタルマネジメントという資格で、自分自身だけでなく仕事の仲間の心についても理解することができます。

詳しく見る

確実に資格を取得する

女性

保育士になるにあたって、大学で講義と実習を受ける方法があります。そして、学費としては大学で300万円ほどになり、時間をかけて理解して試験に臨むことができます。そして、実際の試験では筆記と実技があり、受験料が12950円となります。

詳しく見る

会計監査のプロになれる

女性

公認会計士は難関資格ですが、独占業務を持っているためにニーズも多い存在です。学習難易度は高いですが、合格率は10%程度なので、絶望的と言うほどではないでしょう。会計職のキャリアアップのためには、狙っておいて損はないと考えられます。

詳しく見る

子供と共に成長出来る

保育園

国家資格を取得しよう

今後ますます必要とされる保育士の資格ですが、これから保育士を目指して頑張りたいと言う人もいるのではないでしょうか。保育士になる為には、国家資格を取得する必要があります。資格を取得する為には、都道府県知事が指定する保育士を養成する為の大学などの学校に通い、そこで保育士の基礎から学び、卒業する事で保育士資格を取得する事が出来ます。養成学校では無い大学を出た場合や、2年以上の実務経験がある場合でも保育士の試験に合格をする事で資格を取得する事が出来るでしょう。この資格は比較的難易度が高い資格であり、合格率はだいたい10%前後と言われています。その為、確実に資格を得たいと言う方は、最初から保育士を養成する為の大学などに通った方が良いのではないでしょうか。毎年多くの人が受験をしているこの資格ではありますが、現在多くの保育所などで保育士の力が必要とされています。人手不足の現場もあり、今後ますます需要が高まる資格となっているでしょう。小さな子供を相手とする仕事ですが、その分やりがいや充実感を感じる事が出来る仕事です。子供達の笑顔に癒され、また成長を楽しむ事が出来る仕事でもあるでしょう。また、この保育士の資格は、子供達の身の回りのお世話だけでは無く、規則を教えたり、社会性を身につけさせたりと、様々な事を行う必要がある資格です。その為、様々なスキルを身につける必要があります。是非大学などでしっかり学び、スキルを活かして保育の現場で役立てましょう。